コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

星野芳樹 ほしの よしき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

星野芳樹 ほしの-よしき

1909-1992 昭和時代のジャーナリスト。
明治42年3月30日生まれ。星野直樹の弟。昭和6年共産党に入党,8年入獄,15年出獄。上海で私塾をひらき中国人の教育にあたる。戦後帰国して海外抑留者の引き揚げ促進運動をすすめ,22年参議院議員(労働者農民党)。29年「静岡新聞論説委員。のちケニアにスワヒリ語学院を開校した。平成4年5月31日死去。83歳。神奈川県出身。旧制静岡高中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

星野芳樹の関連キーワードジャーナリスト星野 直樹昭和時代

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android