コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春ウコンと秋ウコン はるうこんとあきうこん

1件 の用語解説(春ウコンと秋ウコンの意味・用語解説を検索)

食の医学館の解説

はるうこんとあきうこん【春ウコンと秋ウコン】

最近、日本でもターメリックの健康的効用に対する注目度が上昇。ウコンの名前で、粉末や錠剤型のサプリメント、お茶などが多く出回るようになりました。
 ところで、こうした製品をみると、その大半が「春ウコン使用」「秋ウコン使用」と原料の種類を表示しています。これら2つは別の品種で、名前のとおり、春に開花するのが春ウコン、秋に開花するのが秋ウコン。そして、それぞれ自分の原料の薬効が、より優秀であるとアピールしています。となれば当然、どちらを選べばいいのか悩むところ。
 成分的にみた場合、春ウコンはクルクミンを0.3%程度、精油分を6%程度含有。一方、秋ウコンはクルクミンを3~4%、精油分を1~5.5%含んでいます。こうしたことから、春ウコンは消化器系循環器系の健康維持に有効で、肝機能の強化や活性酸素の中和には、秋ウコンが効果的といわれます。ちなみに漢方的には、現在の中国では春ウコンを鬱金(ウコン)、秋ウコンを姜黄(キョウオウ)といいますが、日本では逆で、春ウコンを姜黄といい、秋ウコンが鬱金。そして、春ウコンは薬用には使われません。ただ、どちらの薬効が優秀かについては、研究者のあいだでも諸説わかれています。
 そこで実際に購入する場合は、ウコンの種類より、品質を重視すべきです。近年の人気ぶりにともなって、粗悪な素材を用いた製品も増加しています。信頼できる店で、良質の品を購入するようにしてください。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

春ウコンと秋ウコンの関連キーワードアルファニューメリックターメリック健康的ワーカホリックアルファメリックシルバーメタリックパブリックニューサンスブラディーメリーロハス(LOHAS)ダイエット・クリエーター

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone