春姫

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春姫 はるひめ

1602-1637 江戸時代前期の女性。
慶長7年生まれ。紀伊(きい)和歌山藩主浅野幸長(よしなが)の次女。母は池田恒興(つねおき)の娘。慶長20年尾張(おわり)名古屋藩主徳川義直と結婚。豪華な婚礼行列を,徳川家康名古屋城の櫓(やぐら)から見物したという。寛永10年江戸藩邸にうつった。和歌をこのみ,著作に「道の記」がある。寛永14年4月23日死去。36歳。通称は安芸(あき)御前。法号は高原院。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

春姫の関連情報