コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

春木義彰 はるき よしあき

2件 の用語解説(春木義彰の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

春木義彰 はるき-よしあき

1846-1904 幕末-明治時代の尊攘(そんじょう)運動家,司法官。
弘化(こうか)3年1月1日生まれ。鷲尾隆聚(わしのお-たかつむ)の高野山挙兵のとき軍資金調達を援助し,戊辰(ぼしん)戦争では奥羽征討軍にくわわった。のち司法界にはいり,明治25年検事総長,31年東京控訴院長となる。貴族院議員。明治37年12月17日死去。59歳。大和(奈良県)出身。通称は雄吉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

春木義彰

没年:明治37.12.17(1904)
生年:弘化3.1.1(1846.1.27)
明治期の司法官。大和国法隆寺村(奈良県斑鳩町)に生まれる。通称雄吉。幕末鷲尾隆聚侍従が密勅を奉じて高野山に挙兵するとこれに呼応し,また戊辰戦争や維新後の十津川郷士鎮撫などに活躍した。明治4(1871)年11月五条県権少属に任じられ,5年2月奈良県勤務となった。6月司法少検事に任命されて以来司法官の道を歩み,累進して25年8月検事総長に就任。31年6月司法部刷新のための人事異動で東京控訴院長に転じた。同職と検事総長とは同格だが,実質的には左遷とみてよい。36年12月引退し,翌年8月貴族院議員に勅選された。

(楠精一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

春木義彰の関連キーワード佐伯定胤佐伯良謙円快奈良奉行司法官憲司法官庁法空司法官試補西岡楢光品慧

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone