コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時そば

デジタル大辞泉プラスの解説

時そば

古典落語の演目のひとつ。上方ばなしの「時うどん」を三代目柳家小さんが改作したものとされる。六代目春風亭柳橋が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、そばや、職人。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ときそば【時そば】

落語。原話は《坐笑産(ざしようみやげ)》(1773)にある。明治中期,3代柳家小さんが,上方の《時うどん》を改作した噺。むかしは〈夜鷹そば〉などというそば屋が往来を流していたが,そのそばを食べた男が,代金が16文と聞き,〈ひい,ふう,みい,よう,いつ,むう……何時(なんどき)だい〉〈八つで〉〈ここのつ,とお……〉と2文ごまかした。与太郎がまねしようとしてそば屋を呼びとめ,〈ひい,ふう,みい,よう,いつ,むう,なな……何時だい〉〈四つで〉〈いつ,むう,なな……〉と3文損をした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

時そば
ときそば

落語。明治中期、3代目柳家小さんが上方(かみがた)落語の『時うどん』を東京へ移した。往来を流して売っていた夜鷹(よたか)そば屋を呼び止めた男が、やたらにそば屋を褒めたあげく、代金を聞くと16文だという。そこで「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ、何刻(なんどき)だい」「九(ここの)つで」「十(とお)、十一、十二、十三、十四、十五、十六」と、うまく1文ごまかしてしまった。これを見ていたぼおっとした男が、さっそくまねをしようと、細かい銭(ぜに)を用意してそば屋を呼び止め、褒めようとしたが、まずくて汚なく褒めようがない。勘定になって「一つ、二つ、三つ、四つ、五つ、六つ、七つ、八つ、何刻だい」「へえ四つで」「五つ、六つ、七つ、八つ……」と損をしてしまう。原話は『軽口初笑(かるくちはつわらい)』(1726)、『坐笑産(ざしょうみやげ)』(1773)、『富久喜多留(ふくきたる)』(1782)などにある。3代小さん以後、7代三笑亭可楽(からく)、3代桂三木助(かつらみきすけ)らが得意としたが、いまでも演(や)り手は多い。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

時そばの関連キーワード春風亭 柳橋(6代目)柳家 小さん(5代目)三升家 小勝(7代目)桂 三木助(3代目)柳亭 痴楽(5代目)柳家小さん(3代)古典落語

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時そばの関連情報