コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時務学堂 じむがくどう Shi-wu xue-tang; Shih-wu hsüeh-t`ang

2件 の用語解説(時務学堂の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時務学堂
じむがくどう
Shi-wu xue-tang; Shih-wu hsüeh-t`ang

中国,清末の学校。湖南省に革新運動を推進させようとした譚嗣同熊希齢らが中心となり,梁啓超を総教習として,光緒 23 (1897) 年長沙に開設された。変法自彊運動をあおったため,保守派の郷紳と衝突した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じむがくどう【時務学堂 Shí wù xué táng】

中国,清末の変法派の教育機関。湖南時務学堂ともよばれる。はじめ湖南巡撫陳宝箴(ちんほうしん),前国子監祭酒王先謙らの発議により中体西用を旨とする学堂として設立された。しかしその提調(校長)の熊希齢(ゆうきれい)のもとに集められた教員が,みな康有為の門人か心酔者であったため,1897年(光緒23)10月に開校されるや,たちまち変法維新運動の拠点となった。梁啓超,唐才常らは,先に康有為が広州に開いた万木草堂の教育方針にのっとって大同と変法の思想を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時務学堂の関連キーワード翁同龢蔡鍔時務報譚嗣同唐才常時務時務策戊戌の政変湖南時務学堂変法派

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone