コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時務学堂 じむがくどうShi-wu xue-tang; Shih-wu hsüeh-t`ang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時務学堂
じむがくどう
Shi-wu xue-tang; Shih-wu hsüeh-t`ang

中国,清末の学校。湖南省に革新運動を推進させようとした譚嗣同熊希齢らが中心となり,梁啓超を総教習として,光緒 23 (1897) 年長沙に開設された。変法自彊運動をあおったため,保守派の郷紳と衝突した。翌同 24年梁は病気で上海に去り,戊戌の政変 (→戊戌の変法 ) の結果,教師らも離散し,同 25年には求実書院と改称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じむがくどう【時務学堂 Shí wù xué táng】

中国,清末の変法派の教育機関。湖南時務学堂ともよばれる。はじめ湖南巡撫陳宝箴(ちんほうしん),前国子監祭酒王先謙らの発議により中体西用を旨とする学堂として設立された。しかしその提調(校長)の熊希齢(ゆうきれい)のもとに集められた教員が,みな康有為の門人か心酔者であったため,1897年(光緒23)10月に開校されるや,たちまち変法維新運動の拠点となった。梁啓超,唐才常らは,先に康有為が広州に開いた万木草堂の教育方針にのっとって大同と変法の思想を説いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

時務学堂の関連キーワード陳天華蔡鍔

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android