コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時津町 とぎつ

1件 の用語解説(時津町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時津〔町〕
とぎつ

長崎県中部,大村湾の南西岸にあり,長崎市の北西に接する町。 1951年町制。 59年村松村の一部を編入。古くは,大村湾の対岸彼杵港 (現東彼杵町) から時津港にいたり,陸路長崎に通じるのが重要な交通路で,時津は港を中心に交通の要地として発達。現在は野菜,ミカンを主とする近郊農業地である。 1905年長崎本線の開通に伴い一時港は寂れたが,国道 206号の開通とともに電機などの工業化も進み,人口急増地区となっている。面積 20.94km2。人口 2万9804(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

時津町の関連情報