コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時津町 とぎつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時津〔町〕
とぎつ

長崎県中部,大村湾の南西岸にあり,長崎市の北西に接する町。 1951年町制。 59年村松村の一部を編入。古くは,大村湾の対岸彼杵港 (現東彼杵町) から時津港にいたり,陸路長崎に通じるのが重要な交通路で,時津は港を中心に交通の要地として発達。現在は野菜,ミカンを主とする近郊農業地である。 1905年長崎本線の開通に伴い一時港は寂れたが,国道 206号の開通とともに電機などの工業化も進み,人口急増地区となっている。面積 20.94km2。人口 2万9804(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

時津町の関連キーワード長崎県西彼杵郡時津町子々川郷長崎県西彼杵郡時津町久留里郷長崎県西彼杵郡時津町西時津郷長崎県西彼杵郡時津町左底郷長崎県西彼杵郡時津町野田郷長崎県西彼杵郡時津町浜田郷長崎県西彼杵郡時津町元村郷長崎県西彼杵郡時津町日並郷長崎県西彼杵郡時津町浦郷長崎県西彼杵郡青雲高等学校時津町の要覧時津(町)中村 禎二長与町鷹島

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

時津町の関連情報