時雨西行(読み)しぐれさいぎょう

日本大百科全書(ニッポニカ)「時雨西行」の解説

時雨西行
しぐれさいぎょう

長唄(ながうた)の曲名。河竹黙阿弥(もくあみ)作詞、2世杵屋(きねや)勝三郎作曲。1864年(元治1)9月初演。西行法師が江口(えぐち)(大阪市東淀川(ひがしよどがわ)区)の遊女と歌を詠み交わすが、遊女は普賢菩薩(ふげんぼさつ)の化身であったという話を題材にした能『江口』の長唄化である。本来は舞踊を伴わない長唄だけの曲。全体の構成は、西行の道行、遊女との出会いと西行の身の上話、遊女の身の上話、普賢菩薩の現出と4部分に分かれ、それぞれ、謡曲風で荘重な曲調、くせのないさらりと運んだ曲調、詠嘆的な華やかな二上り、大薩摩(おおざつま)とそれに続く三味線の技巧を尽くした神秘的かつ荘重な本調子と、趣(おもむき)に変化をもたせている。

[茂手木潔子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「時雨西行」の解説

しぐれさいぎょう しぐれサイギャウ【時雨西行】

長唄。河竹黙阿彌作詞。二世杵屋勝三郎作曲。元治元年(一八六四)初演。謡曲「江口」に題材をとる。西行法師が江口の里で雨宿りして、遊女に化けた普賢菩薩(ふげんぼさつ)を拝するという筋。その前年発表した富本「恋計文珠智恵輪(こいのてくだもんじゅのちえのわ)」の改作

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android