コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杵屋勝三郎 きねやかつさぶろう

3件 の用語解説(杵屋勝三郎の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

杵屋勝三郎【きねやかつさぶろう】

長唄三味線方の芸名。現在は7世。2世〔1820-1896〕は幕末明治にかけて活躍,杵勝派を隆盛に導いた。《時雨西行》船弁慶》《安達原》など名作を多く残し,3世杵屋勘五郎(11世杵屋六左衛門),3世杵屋正次郎とともに作曲の三傑と称された。
→関連項目黒塚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きねやかつさぶろう【杵屋勝三郎】

長唄三味線方。現在まで7世を数えるが,2世が著名。(1)初世(?‐1858(安政5)) 初世杵屋勝五郎の門弟。(2)2世(1820‐96∥文政3‐明治29) 初世の子。前名小三郎。1840年(天保11)勝三郎を襲名する。左右両方の手がよくきいたため,その住所(日本橋馬喰町)にちなんで〈馬場の鬼勝〉といわれた。作曲家としてもすぐれ,《都鳥》《鞍馬山》《菖蒲浴衣あやめゆかた)》《連獅子》《時雨西行しぐれさいぎよう)》《靱猿(うつぼざる)》《船弁慶》など数多くの名曲を作曲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杵屋勝三郎
きねやかつさぶろう

長唄(ながうた)三味線方。現在、杵勝(きねかつ)派(勝五郎、勝太郎など)の家元名で、7世を数える。[渡辺尚子]

初世

(?―1858)杵勝派元祖の初世勝五郎門弟。[渡辺尚子]

2世

(1820―96)初世の実子で、前名小三郎。1840年(天保11)2世を襲名。48年(嘉永1)長唄杵勝会を結成。江戸・日本橋馬喰(ばくろう)町に住んでいたことから「馬場の鬼勝」とよばれる。長唄の芝居からの独立や、謡曲を取り入れるなどの試みを積極的に行った。『靭猿(うつぼざる)』『船弁慶(ふなべんけい)』『安達原(あだちがはら)』『連獅子(れんじし)』『都鳥』『喜三(きみ)の庭』『菖蒲浴衣(あやめゆかた)』など、数多くの名曲を作曲。明治29年2月5日没。[渡辺尚子]

3~6世

3世は2世の次男、4世は3世の妻女、5世は4世の次女、6世は5世の実姉がそれぞれ襲名した。[渡辺尚子]

7世

(1927― )6世の実子。本名坂口守男。4世勝太郎、5世和吉に師事。1941年(昭和16)7世を襲名。[渡辺尚子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杵屋勝三郎の関連キーワード杵屋佐吉杵屋六三郎杵屋勘五郎(2代)杵屋佐吉(初代)杵屋佐吉(2代)鳥羽屋里長(初代)錦屋惣次(2代)松永鉄五郎(7代)芳村伊三郎(7代)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杵屋勝三郎の関連情報