(読み)バン

デジタル大辞泉の解説

ばん【晩】

夕暮れ。夕方。「朝からまで」
夜。「あすのは会議で遅くなる」
晩飯。「のおかずを買って帰る」
[補説]作品名別項。→

ばん【晩】[漢字項目]

[音]バン(漢)
学習漢字]6年
夕暮れ。夜。「晩餐(ばんさん)晩鐘今晩昨晩毎晩明晩(みょうばん)
時刻や時節がおそい。「晩夏晩学晩婚晩成晩年早晩
[名のり]かげ・くれ
[難読]晩生(おくて)晩稲(おくて)

ばん【晩】[書名]

《原題、〈イタリアNotte》イタリアの詩人、パリーニの詩。4部作「一日」の最終作。未完。著者没後の1801年、第3作「」とともに刊行。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばん【晩】

日暮れ。夕方。
夜。 「 -のうちに雨が降った」
晩飯。夕食。 「 -のおかず」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばん【晩】

〘名〙
① 夕方。夕暮れ。また、夜の意。⇔
※古事談(1212‐15頃)二「臨晩被御前時」 〔古詩‐為焦仲卿妻作〕
② 「ばんめし(晩飯)」の略。
※俳諧・紅梅千句(1655)二「摘る菜をあらふ沢辺にをしひたし〈季吟〉 晩の用意をするや増水〈貞徳〉」

ばん・じる【晩】

〘自ザ上一〙 (サ変動詞「ばんずる(晩)」の上一段化) =ばんずる(晩)
浄瑠璃・鶊山姫捨松(1740)二「兎や角せし内日も晩じる

ばん‐・ず【晩】

〘自サ変〙 ⇒ばんずる(晩)

ばん‐・ずる【晩】

〘自サ変〙 ばん・ず 〘自サ変〙 晩になる。日が暮れる。ばんじる。多く「日が晩ずる」の形で用いられる。〔羅葡日辞書(1595)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晩の関連情報