コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通銀行・特殊銀行 ふつうぎんこうとくしゅぎんこう

世界大百科事典 第2版の解説

ふつうぎんこうとくしゅぎんこう【普通銀行・特殊銀行】

普通銀行とは国立銀行の存在していた時代には私立銀行をいい,国立銀行が普通銀行に転換した後は特殊銀行に対して一般の銀行を普通銀行と称した。〈普通銀行〉は慣用語で,一般的な用語となったのは第1次大戦後で,1916年4月大蔵省の組織が改正され,銀行局が独立し,その際,特別銀行課,貯蓄銀行課とともに普通銀行課が設置されたからである。今日,普通銀行とは一般に〈銀行法〉による銀行をいう。特殊銀行は特別法にもとづいて設立され,1897年8月農業金融の中核として日本勧業銀行(府県には農工銀行)が,1900年4月北海道拓殖銀行が,02年4月工業金融の中核として日本興業銀行が営業を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

普通銀行・特殊銀行の関連キーワード北海道拓殖銀行[株]都市銀行・地方銀行日本勧業銀行[株]

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android