コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

普通銀行・特殊銀行 ふつうぎんこうとくしゅぎんこう

1件 の用語解説(普通銀行・特殊銀行の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふつうぎんこうとくしゅぎんこう【普通銀行・特殊銀行】

普通銀行とは国立銀行の存在していた時代には私立銀行をいい,国立銀行が普通銀行に転換した後は特殊銀行に対して一般の銀行を普通銀行と称した。〈普通銀行〉は慣用語で,一般的な用語となったのは第1次大戦後で,1916年4月大蔵省の組織が改正され,銀行局が独立し,その際,特別銀行課,貯蓄銀行課とともに普通銀行課が設置されたからである。今日,普通銀行とは一般に〈銀行法〉による銀行をいう。特殊銀行は特別法にもとづいて設立され,1897年8月農業金融の中核として日本勧業銀行(府県には農工銀行)が,1900年4月北海道拓殖銀行が,02年4月工業金融の中核として日本興業銀行が営業を開始した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

普通銀行・特殊銀行の関連キーワード都市銀行国立銀行市中銀行東京銀行普通銀行青森銀行秋田銀行親銀行交通銀行清水宜輝

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone