コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曳白 エイハク

2件 の用語解説(曳白の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えい‐はく【×曳白】

《「唐書」苗晋卿伝の、情実で合格した張奭(ちょうせき)が再試験で白紙を出した故事から》紙筆を持ちながら、詩文を作ることができないこと。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えいはく【曳白】

紙筆を手にしながら、詩文を書くことができず白紙のままでいること。 〔「新唐書苗晋卿伝」による。唐の張奭ちようせきが玄宗皇帝に試験された時、無学のためについに一字も書くことができず白紙を提出したという故事から〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone