書算(読み)ショサン

精選版 日本国語大辞典の解説

しょ‐さん【書算】

〘名〙
書道と算術。
※菅家文草(900頃)九・請被補文章博士一員闕共済雑務状「博士猶同於書算。非唯乏少
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉五「秀才、明経、進士、明法の四に分かち、之に書を加へて、猶唐の六典の六類の如し」 〔新唐書‐儒学高祖〕
② 読み書き。
※太政官布告第二一四号‐明治五年(1872)七月「日用常行言語書算(ショサン)を初め、士官農商百工技芸及び法律政治天文医療等に至る迄、凡人の営むところの事学あらざるはなし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android