コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹彬 そうひんCao Bin; Ts`ao Pin

1件 の用語解説(曹彬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曹彬
そうひん
Cao Bin; Ts`ao Pin

[生]長興2(931).真定霊寿(河北,正定)
[没]咸平2(999).6.7. 開封
中国,北宋初の武将。字は国華。初め後周の世宗に仕え,晋州兵馬都監。宋の太祖に招かれ,蜀,江南を平らげ枢密使となった。太宗朝には北漢を討滅,契丹征討に功をあげ,真宗即位とともに検校太師同平章事となり,再び枢密使となったが病没。性は仁敬和厚,人の過失を責めなかったという。死後,中書令,済陽郡王を贈られ武恵王と諡名され,太祖廟の庭に葬られた。のち,一族は名門として栄えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曹彬の関連キーワード承平減る古書店舗六甲ケーブル芦屋川宇多天皇延長承平六甲山絵解きプラセオジム

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone