コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我派 ソガハ

2件 の用語解説(曽我派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そが‐は【曽我派】

日本の漢画系の画派。室町時代曽我蛇足を始祖的な存在とする画派が現れ、安土桃山時代には曽我直庵江戸時代には曽我蕭白の一派が活躍した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我派
そがは

室町中期から江戸初期まで断続的に存在した漢画系画派。その祖は朝鮮からの来舶画人、李秀文(りしゅうぶん)と伝えられるが詳細は不明。代々越前(えちぜん)(福井県)朝倉家に絵師として仕えて曽我姓を名のり、墨渓(ぼっけい)(1473年没、『達磨(だるま)図』、京都・大徳寺真珠庵(あん))、宗丈(そうじょう)(1512年以前に没、真珠庵客殿襖絵(ふすまえ)『四季山水図』)、紹仙(しょうせん)(『山水図』、東京・根津美術館)、宗誉(そうよ)(『花鳥人物図』真珠庵)などの画人が知られるが、彼らは別に「蛇足(じゃそく)」を号したともいわれる。一休宗純(そうじゅん)との関係が深く、そのため京都・大徳寺真珠庵に遺作が多く、それぞれ特異な画風を示した。一時途絶したのち桃山時代に越前から堺(さかい)へ移住した曽我直庵(ちょくあん)が蛇足号を継承して6世を称したが、その出自にはいまだあいまいな点が多い。直庵は桃山期の画家のなかでは保守的傾向が強く、室町漢画の手法を取り入れたやや粗豪な画風を特色とし、花鳥画、とくに鶏、鷹(たか)を得意とした。二直庵(にちょくあん)はその子。なお江戸中期の画家、曽我蕭白(しょうはく)(1730―81)は蛇足10世を名のったが、血縁関係は認められず曽我派との関連性はない。[榊原 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽我派の関連キーワード曽我蛇足墨齋紹等漢画巨勢派曾我蛇足土佐派画派漢画派相鑑曾我宗誉

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone