コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我直庵 ソガチョクアン

デジタル大辞泉の解説

そが‐ちょくあん【曽我直庵】

安土桃山時代の画家。経歴は不明であるが、堺で蛇足6世を名のって活躍。粗豪な筆致で、漢画の手法を取り入れた花鳥画を多く描いた。生没年未詳。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我直庵
そがちょくあん

生没年不詳。桃山時代(16世紀後半~17世紀初頭)の画家。名は心誉。出自、伝歴などつまびらかでないが、曽我姓を名のり蛇足(じゃそく)六世を主張していることから、室町画壇の名門、曽我派の画人と目される。一説には、直庵の代になって越前(えちぜん)(福井県)を出、泉州(大阪府)堺(さかい)に移ったともいわれ、ここを拠点に活躍したと推定されている。慶長(けいちょう)15年(1610)5月吉日に豊臣秀頼(とよとみひでより)が武運長久を祈って奉納した北野神社の扁額(へんがく)『神馬(しんめ)図』を揮毫(きごう)していることから、直庵のおよその在世年代やその支持層の一端がわかるが、室町漢画の流れを引き、粗豪な筆致による癖の強い様式に特色がある。代表作に『鶏図屏風(にわとりずびょうぶ)』(高野山(こうやさん)宝亀院)、『商山四皓(しょうざんしこう)・虎渓三笑(こけいさんしょう)図屏風』(高野山遍照光院)、『花鳥図屏風』(東京国立博物館)などがある。なお、子に二直庵(にちょくあん)があり、直庵の粗豪な筆致を受け継ぎつつも、墨色の微妙な変化のうちに繊細な感覚をみせている。代表作に『柏鷹芦鷺(はくようろろ)図屏風』(大徳寺)、『鷙鳥(しちょう)図屏風』(東京芸術大学)、『梅松隼鷹(しゅんよう)図屏風』(広島・耕三寺)などがある。[榊原 悟]
『源豊宗著『日本美術絵画全集3 曽我蛇足』(1981・集英社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

曽我直庵の関連キーワード曽我派・曾我派安土桃山時代曽我二直庵虎渓三笑曽我派

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android