コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我蕭白 ソガショウハク

2件 の用語解説(曽我蕭白の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そが‐しょうはく〔‐セウハク〕【曽我蕭白】

[1730~1781]江戸中期の画家。京都の人。本姓、三浦。名は暉雄(てるお)。曽我蛇足直庵の画風を慕い、蛇足軒・蛇足十世と自称。荒々しい筆致で特異な人物画を描いた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曽我蕭白
そがしょうはく
(1730―1781)

江戸中期の画家。丹波(たんば)屋あるいは丹後(たんご)屋を屋号とする京都の商家の出身と考えられる。本姓は三浦、名は暉雄(てるお)。蕭白のほか、蛇足軒(じゃそくけん)、鬼神斎などと号す。初め狩野(かのう)派の高田敬輔(けいほ)(1672―1755)に師事し、のちに伊勢(いせ)の各地を遍歴し、さらに播磨(はりま)(兵庫県)の高砂(たかさご)地方にも滞在し制作した。その奇行に関する逸話も多い。室町時代の漢画系画派である曽我派に私淑して、自ら蛇足十世孫と称した。『林和靖(りんわせい)図』や『群仙図』などの作品にみられるように、その画面は力強い筆致と鮮烈な彩色があふれるばかりに共鳴し、独特の超現実的世界が構成されている。18世紀後半の京都画壇において、自らの個性を積極的に表出した画家として、伊藤若冲(じゃくちゅう)や長沢蘆雪(ろせつ)らとともに、近年とくに注目されている。[玉蟲玲子]
『辻惟雄他著『水墨美術大系 14 蕭白他』(1973・講談社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽我蕭白の関連キーワード勝野范古林信春長谷川常宇平蕉斎牧菴片山甫道源琦為笑岩井正斎画猫道人

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曽我蕭白の関連情報