コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我量深 そが りょうじん

美術人名辞典の解説

曾我量深

浄土真宗大谷派の僧・仏教学者。新潟県生。円徳寺富岡量導の子。真宗大(現・大谷大)学卒。浄恩寺曾我慧南に入寺清沢満之の浩々洞に入り雑誌「精神界」を編集。暁烏敏と精神主義運動を推進し、曾我教学を確立する。仏教学・真宗教学の近代化に多大な功績を残した。東洋大学教授・大谷大学学長。主な著に『救済と自証』『曾我量深選集』等。昭和46年(1971)寂、96才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我量深 そが-りょうじん

1875-1971 明治-昭和時代の僧,仏教学者。
明治8年3月20日生まれ。真宗大(現大谷大)卒業後,清沢満之のもとで「精神界」を編集。東洋大,大谷大教授となり,昭和5年宗義に反したとされ大谷大教授を辞任するが,16年復帰。のち東本願寺の侍董寮頭,大谷大学長。真宗教学の近代化につくす。昭和46年6月20日死去。96歳。新潟県出身。旧姓は富岡。著作に「救済と自証」「地上の救主」など。
格言など】信に死して願に生きよ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾我量深
そがりょうじん

[生]1875.9.5. 新潟
[没]1971.6.20. 京都
真宗大谷派の僧。 1899年真宗大学卒業。真宗,東洋,大谷の各大学教授を歴任する一方,清沢満之主宰の『精神界』の編集なども行い,1961~67年大谷大学学長をつとめた。著書『救済と自証』『法蔵菩薩』など。『曾我量深選集』 (12巻,1970~72) がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

曾我量深の関連キーワード訓覇信雄

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android