コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾我量深 そが りょうじん

3件 の用語解説(曾我量深の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

曾我量深

浄土真宗大谷派の僧・仏教学者。新潟県生。円徳寺富岡量導の子。真宗大(現・大谷大)学卒。浄恩寺曾我慧南に入寺。清沢満之の浩々洞に入り雑誌「精神界」を編集。暁烏敏精神主義運動を推進し、曾我教学を確立する。仏教学・真宗教学の近代化に多大な功績を残した。東洋大学教授・大谷大学学長。主な著に『救済と自証』『曾我量深選集』等。昭和46年(1971)寂、96才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾我量深 そが-りょうじん

1875-1971 明治-昭和時代の僧,仏教学者。
明治8年3月20日生まれ。真宗大(現大谷大)卒業後,清沢満之のもとで「精神界」を編集。東洋大,大谷大教授となり,昭和5年宗義に反したとされ大谷大教授を辞任するが,16年復帰。のち東本願寺の侍董寮頭,大谷大学長。真宗教学の近代化につくす。昭和46年6月20日死去。96歳。新潟県出身。旧姓は富岡。著作に「救済と自証」「地上の救主」など。
【格言など】信に死して願に生きよ

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曾我量深
そがりょうじん

[生]1875.9.5. 新潟
[没]1971.6.20. 京都
真宗大谷派の僧。 1899年真宗大学卒業。真宗,東洋,大谷の各大学教授を歴任する一方,清沢満之主宰の『精神界』の編集なども行い,1961~67年大谷大学学長をつとめた。著書『救済と自証』『法蔵菩薩』など。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾我量深の関連キーワード山崎大耕小野塚与澄蟹江一太郎佐伯悟竜佐藤タ子千葉源之助角田隆西野元藤井寛三井高泰

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone