コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾根俊虎 そね としとら

1件 の用語解説(曾根俊虎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾根俊虎 そね-としとら

1847-1910 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年10月6日生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士の子。明治4年海軍にはいり,6年副島種臣(そえじま-たねおみ)にしたがい清(しん)(中国)にいき,のち上海に駐在。海軍大尉。19年「法越交兵記」をあらわし,安南(ベトナム)に対する政府の無関心な態度を批判し,免官・収監となる。のち無罪となるが海軍を辞し,中国問題を研究した。明治43年5月21日死去。64歳。幼名は小太郎。中国名は曾嘯雲。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曾根俊虎の関連キーワード新聞小説接触変成帯アフリカ神話桂太郎内閣北欧映画笹川繁蔵ローゼン鉱化剤女流文学奥野昌綱

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone