コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾根俊虎 そね としとら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾根俊虎 そね-としとら

1847-1910 明治時代の軍人。
弘化(こうか)4年10月6日生まれ。出羽(でわ)米沢藩(山形県)藩士の子。明治4年海軍にはいり,6年副島種臣(そえじま-たねおみ)にしたがい清(しん)(中国)にいき,のち上海に駐在。海軍大尉。19年「法越交兵記」をあらわし,安南(ベトナム)に対する政府の無関心な態度を批判し,免官・収監となる。のち無罪となるが海軍を辞し,中国問題を研究した。明治43年5月21日死去。64歳。幼名は小太郎。中国名は曾嘯雲。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

曾根俊虎の関連キーワードマルクス経済学ベリンスキーリベリア新聞小説マヤマルクス(Karl Heinrich Marx)接触変成帯トルストイ日本の医学史(年表)フレーブニコフ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android