コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最少律/最小律 サイショウリツ

4件 の用語解説(最少律/最小律の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さいしょう‐りつ〔サイセウ‐〕【最少律/最小律】

植物の生長の度合いは、その植物が必要とする要因のうち、供給量の割合が最少のものによって支配されるという法則。ドイツリービヒが無機養分について提唱し、その後改められた。最少量の法則

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最少律
さいしょうりつ
law of minimun

最少量の法則ともいう。 J.リービヒが 1843年に提唱した,植物の収量 (生産量) は最も少量に存在する肥料 (無機成分) によって支配されるという法則。 E.ウォルニーはその後,生産量は生育に必要な諸因子のなかで,供給割合が最少のものによって支配されるというように表現を改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の最少律/最小律の言及

【最少養分律】より

…最少律ともいう。植物の無機栄養説を提唱したJ.F.vonリービヒは〈植物の生育はその植物に供給される諸養分のうち,その量が最少のものに制限される〉という説を唱えた。…

※「最少律/最小律」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone