月並\月次の祭(読み)つきなみのまつり

精選版 日本国語大辞典「月並\月次の祭」の解説

つきなみ【月並・月次】 の 祭(まつり)

陰暦六月と一二月の一一日に、神祇官(じんぎかん)に百官を召集して行なわれた神事。中臣氏が祝詞を宣(の)り忌部氏が伊勢神宮をはじめ全国の主要な神々に幣帛(へいはく)(わか)って、国家の安泰と天皇の福運を祈る祭儀。もと月ごとに行なわれるべきものであったので「月なみ」の名があるが、半年ずつまとめて夏と冬の二季に催された。室町時代に廃絶したが、明治五年(一八七二)六月再興された。
令義解(718)神祇季夏〈月次祭〉〈季冬〈月次祭〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android