コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月坡道印 げっぱ どういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月坡道印 げっぱ-どういん

がっぱ-どういん

月坡道印 がっぱ-どういん

1637-1716 江戸時代前期-中期の僧。
寛永14年9月9日生まれ。曹洞(そうとう)宗。和泉(いずみ)(大阪府)蔭凉寺の鉄心道印に師事し,その法嗣の竜睡愚穏の法をつぐ。加賀(石川県)献珠寺,常陸(ひたち)(茨城県)天徳寺,加賀天徳院の住持をつとめた。詩作にすぐれた。享保(きょうほう)元年10月13日死去。80歳。俗姓は佐々木。号は老臥仏。語録に「月坡禅師語録」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android