コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有畜農業 ゆうちくのうぎょう

6件 の用語解説(有畜農業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有畜農業
ゆうちくのうぎょう

作物の栽培と家畜の飼育を組合せた農業形態。ヨーロッパ三圃式農業より発展した。狭義では,家畜飼養が商品生産部門として未確立の段階にあるものをいう。混合農業や酪農はその代表的なもの。家畜の飼育はそれが現金収入をもたらすだけでなく,地力維持のための肥料を生産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうちく‐のうぎょう〔イウチクノウゲフ〕【有畜農業】

耕種農業に養畜を導入して行う農業経営。家畜の労力や厩肥(きゅうひ)を利用して生産性を高めようというもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

有畜農業【ゆうちくのうぎょう】

作物栽培と家畜飼養を組み合わせ農業経営形態。畜産物による収入と畜力利用による作業能率の向上をもたらすとともに,家畜排泄(はいせつ)物の耕地への還元やマメ科飼料作物輪作体系への導入などによって地力の増進を図り,作物生産を高める。
→関連項目混合農業

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうちくのうぎょう【有畜農業】

穀作,蔬菜(そさい)作,果樹作その他の耕種部門と養畜部門とを有機的に結びつけた農業生産形態。農業における養畜の役割には,畜産物の生産,厩肥(きゆうひ)の生産,畜力利用の三つがある。厩肥は肥料として,畜力は農作業の能率化のために役立つ。一方,耕種部門からは作物の茎葉,野菜くずなどの副産物が生産され,これらが家畜の飼料として利用される。さらに,年間を通じて土地の効率的な利用を図るため,同じ土地に同じ作物を栽培することによって生ずる収量の減少,病虫害の発生などを避けるために,夏作物・冬作物,イネ科・マメ科・根菜類などの種類の異なる作物の組合せによる輪作が要求される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうちくのうぎょう【有畜農業】

家畜を積極的にとりいれた農業経営。家畜の労力や畜産物・厩肥きゆうひの利用を目的として、昭和初期に政府が盛んに奨励した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有畜農業
ゆうちくのうぎょう

農業の一形態。穀作、蔬菜(そさい)作などの耕種部門と養畜部門とを有機的に結び付け、その適切な運営によって農業経営全体の生産性を高めようとするものである。耕種農業に養畜を取り入れること(複合的農業)の効用として、畜産物の生産、厩肥(きゅうひ)の生産、畜力利用などがあげられる。また、作物の茎葉、野菜くずなどの飼料への利用のほか、飼料作物を輪作作物の一つとして組み込むことにより、土壌の地力維持を図ることができる。
 有畜農業は、輪栽式農業に典型的にみられるように、「家畜なければ農業なし」といわれた西欧において発達した農法である。わが国においては、水田稲作を主としてきたため輪作があまり発達しなかった。しかし、昭和初期の農村不況のころ堆(たい)厩肥で購入肥料を節約するため有畜農業が奨励されたことがあるが、いわゆる寄生地主制による制約などもあって、一般に関心は低かった。
 第二次世界大戦後、有畜農業の必要性がしだいに認識されるようになってきた。しかし、1960年(昭和35)以降、高度経済成長に対応して、農政によって稲作を中心に農業の近代化=機械化が急速に進められた。このため、農村人口は急速に減少するとともに、水稲単作農業と兼業農家が増大し、稲作と畜産の結び付いた有畜農業の発展はほとんどみられなかった。
 1967年に米生産は1445万トンのピークに達したが、同時に「過剰」が発生し、減反政策がとられるようになった。農業近代化政策は畜産を欠いた稲単作農業を推進するため、わが国の家族的農業経営の合理性と矛盾するばかりでなく、農業生産力の基礎である地力の低下をもたらすことになる。
 そこで、地力の低下を防ぎ、減反=転作と結び付けるためにも、有畜農業である有畜複合経営が提起されてきたのは当然である。
 自然力の利用、すなわち自然生態系のなかで行われる農業にとって、有畜農業(有畜複合経営)は今後ますます重要となるであろう。[佐藤 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有畜農業の関連キーワード青物粗菜蔬菜蔬菜類ソサエティー御県アルクオルソサイト農協・その他の農業団体三重県桑名郡木曽岬町堀内蘇斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone