コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月庵良円 げつあん りょうえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月庵良円 げつあん-りょうえん

1348-1425 南北朝-室町時代の僧。
貞和(じょうわ)4=正平(しょうへい)3年生まれ。曹洞(そうとう)宗。陸奥(むつ)胆沢(いさわ)郡(岩手県)永徳寺の道叟道愛(どうそう-どうあい)のもとで出家。能登(のと)(石川県)総持寺峨山韶碩(がさん-じょうせき)に師事し,のち道愛の法をつぐ。至徳元=元中元年出羽(でわ)庄内(山形県)に総光寺をひらいた。応永32年7月27日死去。78歳。一説に81歳。俗姓は北条。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

月庵良円 (げつあんりょうえん)

生年月日:1348年4月8日
南北朝時代;室町時代の僧
1425年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

月庵良円の関連キーワード室町時代生年月日南北朝貞和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android