月林道皎(読み)げつりん どうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月林道皎 げつりん-どうこう

1293-1351 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。鎌倉建長寺の高峰顕日,京都大徳寺の宗峰妙超にまなぶ。さらに元亨(げんこう)2年(1322)元(中国)にわたり,古林清茂(くりん-せいむ)に師事してその法をつぐ。帰国後,京都長福寺の開山となった。観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年2月25日死去。59歳。京都出身。俗姓は久我(こが)。別号に独歩叟など。諡号(しごう)は普光大幢国師。

月林道皎 がつりん-どうこう

げつりん-どうこう

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android