コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月船琛海 げっせん しんかい

1件 の用語解説(月船琛海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月船琛海 げっせん-しんかい

1231-1308 鎌倉時代の僧。
寛喜(かんぎ)3年生まれ。臨済(りんざい)宗。密教をまなび,のち上野(こうずけ)(群馬県)長楽寺一翁院豪に師事。さらに東福寺の円爾(えんに)の印可をうける。院豪の死後長楽寺にはいり20年余住持をつとめ,高峰顕日(こうほう-けんにち)とともに東方の二甘露門(かんろもん)とよばれた。徳治2年東福寺住持。徳治3年6月26日死去。78歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。俗姓は菅。諡号(しごう)は法照禅師。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

月船琛海の関連キーワード延慶憲淳後二条天皇徳治民主代表選安達泰盛郭守敬周期表正法眼蔵ホラズム朝

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone