有余涅槃(読み)うよねはん(英語表記)sopadhiśeṣa-nirvāṇa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有余涅槃
うよねはん
sopadhiśeṣa-nirvāṇa

仏教用語。迷いの火を吹消した状態を涅槃といい,この世に生存している間に得られる涅槃は,肉体や煩悩の条件を残しているので有余という。 (→無余涅槃 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

うよねはん【有余涅槃】

〘仏〙 煩悩は断滅したが、肉身が存在する段階の涅槃。有余依うよえ涅槃。 ⇔ 無余涅槃

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うよ‐ねはん【有余涅槃】

〘名〙 仏語。小乗仏教では、煩悩(ぼんのう)を断ちつくしても、まだ肉体がよりどころとして残っていることをさし、死によって無余涅槃に至るとし、これを灰身滅智(けしんめっち)という。大乗仏教では、この世の生死の因が尽きることをいい、生死の果てが尽きて、仏の永遠性を得ることを無余涅槃とする。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「その永劫な有余涅槃に入るまで」 〔法華経‐信解品〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の有余涅槃の言及

【涅槃】より

…したがって,〈涅槃に入る〉という言葉は死ぬことのほか,悟りに入ることを意味している。死を意味した涅槃が悟りの意味に用いられるようになると,迷いを断って悟りの境地に達しても,肉体が生存している期間を区別する必要があり,これを〈有余涅槃(うよねはん)〉といい,肉体の消滅した以後の状態を〈無余涅槃(むよねはん)〉と呼ぶようになった。釈迦がクシナガラにおいて涅槃に入る(死ぬ)前後の状況を詳しく説いたのが,漢文《長阿含経》中の《遊行(ゆぎよう)経》,およびパーリ語経典中の《大涅槃経Mahāparinibbāna‐suttanta》などである。…

※「有余涅槃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android