コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰身滅智 けしんめっち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰身滅智
けしんめっち

仏教用語。を灰にし智を滅する意。身心ともまったくの無に帰すること。中国仏教において,部派仏教の最終目的である無余涅槃をさしていう語。大乗仏教からは,一種虚無主義的で不完全な悟り境地だとして批判された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けしん‐めっち【灰身滅×智】

《身を灰にし、智を滅する意》仏語煩悩(ぼんのう)を断ち、身も心も無にして執着を捨てること。上座部仏教理想とする境地。灰断(けだん)。灰滅(けめつ)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けしんめっち【灰身滅智】

〘仏〙 〔身を灰にし智を滅する、の意〕 一切の煩悩ぼんのうを断ち切り心身を全くの無に帰すこと。小乗仏教の理想とする涅槃ねはんの境地。灰滅。無余灰断けだん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

灰身滅智の関連キーワード小乗仏教灰身

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android