コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰身滅智 けしんめっち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

灰身滅智
けしんめっち

仏教用語。を灰にし智を滅する意。身心ともまったくの無に帰すること。中国仏教において,部派仏教の最終目的である無余涅槃をさしていう語。大乗仏教からは,一種虚無主義的で不完全な悟り境地だとして批判された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

けしん‐めっち【灰身滅×智】

《身を灰にし、智を滅する意》仏語煩悩(ぼんのう)を断ち、身も心も無にして執着を捨てること。上座部仏教理想とする境地。灰断(けだん)。灰滅(けめつ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けしんめっち【灰身滅智】

〘仏〙 〔身を灰にし智を滅する、の意〕 一切の煩悩ぼんのうを断ち切り心身を全くの無に帰すこと。小乗仏教の理想とする涅槃ねはんの境地。灰滅。無余灰断けだん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

灰身滅智の関連キーワード小乗仏教灰身

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android