有心体(読み)ウシンタイ

大辞林 第三版の解説

うしんてい【有心体】

和歌の風体の一。藤原定家が「毎月抄」で十体の中の至高の体としたものが有名。対象を観じて得た、その本質に対する理解の深さが現れている体。うしんたい。 ⇔ 無心体 「もとの姿と申すは、勘へ申し候ひし十体の中の幽玄様・事可然様・麗様・-、これらの四にて候べし/毎月抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うしん‐たい【有心体】

うしん‐てい【有心体】

〘名〙
① 感動、風情の深い歌のすがた。余情深く妖艷(ようえん)、あるいは優艷な歌のさま。また、現実に基調をもつ整った趣と、思索的、反省的な味のある情緒、情操の深さを求める歌体概念をもいう。中世歌論で、藤原定家が、真にすぐれた歌一般のもつ価値として考えていた統一的、中心的理念。定家十体の一つとされる。うしんたい。
※毎月抄(1219)「いづれの体にても、ただ有心体を存べきにて候」
※愚見抄(鎌倉後か)「十体と申は、幽玄体、長高体、有心体、事可然体、麗体、濃体、有一節体、面白体、見様体、拉鬼体、是なり」
② 連歌十体の一つ。①を連歌に適用したもの。深い心のこもっている句体。
※ささめごと(1463‐64頃)上「有心体とて心こもりたる体、長高き体とてやせさむき体をまなび」
③ 発句八体の一つ。①を俳諧に適用したもの。
※俳諧・有也無也関(1764)発句八体之事「有心体。梅の木に猶やとり木や梅の花」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android