コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有心体 ウシンタイ

2件 の用語解説(有心体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うしん‐たい【有心体】

藤原定家がその歌論書「毎月抄」で唱えた和歌十体の一。美的理念である有心を表す詠みぶりで、最上の歌体とされる。連歌俳諧にも通じて用いる。有心様(よう)。うしんてい。⇔無心体

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うしんてい【有心体】

和歌の風体の一。藤原定家が「毎月抄」で十体の中の至高の体としたものが有名。対象を観じて得た、その本質に対する理解の深さが現れている体。うしんたい。 ↔ 無心体 「もとの姿と申すは、勘へ申し候ひし十体の中の幽玄様・事可然様・麗様・-、これらの四にて候べし/毎月抄」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone