コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

造血器官 ゾウケツキカン

4件 の用語解説(造血器官の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ぞうけつ‐きかん〔ザウケツキクワン〕【造血器官】

血球をつくる器官。胎児の肝臓脾臓(ひぞう)骨髄、成人の骨髄など。造血器。造血臓器

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

造血器官【ぞうけつきかん】

血球を作る器官。動物によって異なり,鱗翅(りんし)目昆虫の幼虫では前胸部に,魚類および有尾両生類では脾臓が成体の造血器官である。その他の脊椎動物では基本的にヒトと同じである。
→関連項目血液赤血球

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ぞうけつきかん【造血器官 hematopoietic organ】

血球を産生する器官。ただし,造血器官として単一の器官が存在するわけではなく,造血組織を含む器官を造血器官とよんでいる。造血組織はさまざまの器官中に見いだされる。ヒトをはじめ哺乳類では,発生初期には胚の卵黄囊壁に間充織(間葉)由来の細胞が血島blood islandを形成し,ここから赤血球が生ずる。卵黄囊でのこのような造血はヒトでは胎生10日ごろより始まる。発生の進行とともに卵黄囊が退化すると,肝臓,脾臓,骨髄がこれに代わり,さらに成体ではもっぱら骨髄が造血器官となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ぞうけつきかん【造血器官】

血球をつくる器官。ヒトでは胎児期の肝臓・脾臓・骨髄、成人の骨髄など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

造血器官の関連キーワード音声器官感覚器官嗅覚器官相似器官相同器官前庭器官聴覚器官標的器官造血器造血臓器

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone