有生(読み)ウショウ

デジタル大辞泉の解説

う‐しょう〔‐シヤウ〕【有生】

生命のあるもの。生き物。
「凡そ―の属その生命を惜まざる者なし」〈西周明六雑誌三八〉
仏語。生じること。また、生じるという働きのあること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うしょう【有生】

生命のあるもの。生き物。
〘仏〙 再びこの世に生まれること。

ゆうせい【有生】

生命をもつもののこと。主に人間と動物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐しょう ‥シャウ【有生】

〘名〙 (「うじょう」とも)
① 仏語。生ずること。また、生ずるという働きのあること。⇔不生
※梵舜本沙石集(1283)四「若し心を起して、不生としらば、帰りて有生也」
② 命あるもの。あらゆる生き物。生物。
※窮理図解(1868)〈福沢諭吉〉目録「有生(ウジャウ)無生温気(うんき)の徳を蒙らざる者なし」

ゆう‐せい イウ‥【有生】

〘名〙 命あるもの。あらゆる生き物。生物。
妙貞問答(1605)中「各正とは有生の初を得也」 〔列子‐楊朱〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有生の関連情報