コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有(り)難 アリガタ

デジタル大辞泉の解説

あり‐がた【有(り)難】

《形容詞「ありがたし」の語幹》めったにないこと。また、かたじけないこと。
「をかしうも―の世やとも思ひ居給へり」〈・蜻蛉〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

有(り)難の関連キーワード全国水平社/綱領・宣言・決議賜る・給わる・賜わる有りがたうさん浜口 庫之助冥加も無い石原裕次郎二葉亭四迷哀れ・憐れ御水屋見舞生まれ落ちうかうか円谷 皐染み染み冥加無し言語遊戯清水 宏黄金の膚松尾馬奮捨閉閣抛とぼ口

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有(り)難の関連情報