朔北(読み)さくほく

精選版 日本国語大辞典「朔北」の解説

さく‐ほく【朔北】

〘名〙 (「」は北方) 。北方の地。また、特に中国の北方の辺地
草枕(1906)〈夏目漱石〉八「朔北の曠野を染むる血潮の何万分の一かは、此青年の動脉から迸(ほとばし)る時が来るかも知れない」 〔李陵‐与蘇武書〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android