辺土(読み)へんど

精選版 日本国語大辞典「辺土」の解説

へん‐ど【辺土】

〘名〙
① 都から遠く離れた土地。かたいなか。辺地片土
※和漢朗詠(1018頃)下「三百盃といふとも強ちに辞することなかれ 土はこれ酔郷にあらず〈慶滋保胤〉」
※撰集抄(1250頃)二「御経ならふべき人もなきへんどの境」 〔李陵‐与蘇武書〕
② 都の近辺。近郊。
謡曲・鞍馬天狗(1480頃)「辺土においては比良・横川・如意が岳」
③ 釈迦出世のインドから遠く離れた土地。
※東大寺続要録(1281‐1300頃)「大乗小乗仰之高祖中土辺土思之師範

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「辺土」の解説

へん‐ど【辺土】

都から遠く離れた土地。片田舎。辺地。
都の近辺の地。近郊。
「―においては比良、横川よかは、如意が岳」〈謡・鞍馬天狗
[類語]田舎在郷ざいごう在所在地在方ざいかた近在田園ひな地方辺地辺境僻地へきち僻陬へきすう辺鄙奥地ローカル片田舎鄙びる草深い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android