丁年(読み)ていねん

精選版 日本国語大辞典の解説

てい‐ねん【丁年】

〘名〙 (強壮の時に丁(あた)る年の意)
① 丁になる年齢。二一歳。はたち過ぎ。また、血気盛んな丁壮の年頃。→③④。
※菅家文草(900頃)一・王度読論語竟、聊命盃酌「円珠初一転、舞象遂丁年」
※正直者(1903)〈国木田独歩〉「せめて二十五六になればだが君は丁年(テイネン)にすら足りないのだからねえ」 〔李陵‐答蘇武書〕
② 丁を脱する年齢。丁の終限の年齢。六〇歳。〔伊京集(室町)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

てい‐ねん【丁年】

強壮の時に丁(あた)る年の意》一人前に成長した年齢。満20歳。また、一人前の男子。
「せめて二十五六になればだが君は―にすら足りないのだからねえ」〈独歩・正直者〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android