コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝山芳暾 ちょうざん ほうとん

1件 の用語解説(朝山芳暾の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝山芳暾 ちょうざん-ほうとん

1475-1558 戦国時代の僧。
文明7年生まれ。はじめ天台をおさめるが,のち曹洞(そうとう)宗に転じ,豊前(ぶぜん)天寧寺(大分県)の足翁(そくおう)永満の法をつぐ。豊前保福寺,ついで能登(のと)(石川県)総持寺の住持となった。永禄(えいろく)元年4月1日死去。84歳。肥前島原(長崎県)出身。俗姓は西郷。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝山芳暾の関連キーワード自然林証誠寺メアリーナルバメアリ永禄監修料問題ウッチェロオラビ城清原宣賢

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone