コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日山輝右衛門 あさひやま てるえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝日山輝右衛門 あさひやま-てるえもん

?-1677 江戸時代前期の力士。
江戸にでて和歌の浦に入門,はじめ天王崎,黒川と称した。西国の大力士大砲を無双の手でやぶり,その名をたかめた。延宝5年2月7日死去。陸奥(むつ)黒川郡(宮城県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日山輝右衛門の関連キーワードフルカラーバークリー津波地震非正規社員の比率パキスタン洪水王鑑大岡忠相大句数祇園南海虎徹

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android