コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝日新聞社襲撃事件(読み)あさひしんぶんしゃしゅうげきじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝日新聞社襲撃事件
あさひしんぶんしゃしゅうげきじけん

1987年1月から 1988年3月にかけて朝日新聞社が襲撃された一連の事件。東京本社の外壁に向かって散弾が発射された事件を皮切りに,1987年5月3日には兵庫県西宮市の阪神支局が散弾銃を持った何者かに襲われ記者 1人が死亡,1人が重傷を負った。続いて名古屋本社の社員寮が銃撃を受け,静岡支局にはたばこの缶を用いた時限式爆弾が仕掛けられた。犯行後,「赤報隊」の名で犯行声明が報道機関に送りつけられた。事件は兵庫県,愛知県,静岡県,東京都と広域に及び,警察庁は 5件を警察庁指定116号事件,3件を関連事件として捜査を進めたが,2003年3月11日静岡支局爆破未遂事件が時効を迎え,すべての事件で時効が成立した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android