朝明(読み)アサケ

精選版 日本国語大辞典の解説

あさ‐あけ【朝明】

〘名〙
① 朝になってあたりが明るくなること。また、その時分。夜明け。明け方。あさけ。
※古今六帖(976‐987頃)五「いかならん日のときにかもわぎもこがもひきのすがたあさあけにみん」
② 比喩的に、新しい時代が始まること。あけぼの。黎明。
※島崎藤村(1946‐56)〈平野謙〉藤村の生涯「近代日本の朝明けを浪曼的にうたいあげることから出発した」

あさ‐け【朝明】

[1] 〘名〙 (「あさあけ(朝明)」の変化した語) 夜が明ける時分。夜明け方。あさあけ。多く歌語として用いられる。
※万葉(8C後)一四・三五六九「防人に立ちし安佐気(アサケ)の金門出(かなとで)に手放れ惜しみ泣きし児らはも」
[2] 三重県の北部にあった郡。明治二九年(一八九六)三重郡に併合されて消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝明の関連情報