コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝穂堰 ちょうほぜき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝穂堰
ちょうほぜき

山梨県北西部,北杜市と韮崎市にまたがる用水路で,浅尾堰と穂坂堰の総称。浅穂堰ともいう。用水路延長約 31km。浅尾堰は寛永 16 (1639) 年着工し正保1 (1644) 年に完成。北杜市の八巻地区で塩川から取水し,浅尾地区にいたる約 11.4kmの水路。上神取村 (現北杜市) の十右衛門と村山東割村 (現北杜市) の清右衛門の二人が中心となり工事が進められ,53戸の浅尾新田が誕生し,260石を検地。穂坂堰は享保3 (1718) 年着工の官営工事で,風越山に隧道をうがち韮崎市の三之蔵,宮久保,三ッ沢にわたる旧穂坂牧を貫流する約 15kmの用水路。 180日あまりで完成した。明治5 (1872) 年から両堰を合わせて朝穂堰と呼ぶようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝穂堰の関連キーワード明野(山梨県)明野[村]浅尾原茅ヶ岳

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android