コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅尾原 あさおばら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅尾原
あさおばら

山梨県北西部,茅ヶ岳の西斜面に広がる原野北杜市に属する。標高 650~1000m。火山岩堆積物からなり,乏水性土壌もやせているため,古くは牧として利用された。江戸時代初期に塩川から取水する朝穂堰が完成し,一部は水田となった。第2次世界大戦後も入植が行なわれ,米,野菜,果樹を栽培,浅尾大根と呼ばれるダイコン特産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅尾原
あさおはら

山梨県北部にある原野。茅ヶ岳(かやがたけ)(1704メートル)の西斜面、標高700~1000メートルの間に広がり北杜(ほくと)市に属する。地形的には隆起扇状地とされるが、現在の塩川の河床からは300メートル以上の比高がある。古代は牧(まき)(小笠原牧(おがさわらまき))としてその一部が利用されたが、近代の開発は明治末の低地麓(ろく)への入植に始まる。第二次世界大戦後の開拓により、農地化した部分が広い。土壌は腐食に富む軽鬆(けいしょう)土で、黒ぼく土に分類され、耕しやすい。しかし海抜高度の高い部分は褐色森林土となっている。乏水性の台地であり、さまざまな農業が試みられたが、現在では山梨県でも有数の野菜、とくにダイコン(浅尾ダイコン)の生産地域として著名である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

浅尾原の関連キーワード明野(山梨県)明野

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android