コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

浅尾原 あさおばら

2件 の用語解説(浅尾原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

浅尾原
あさおばら

山梨県北西部,茅ヶ岳の西斜面に広がる原野。北杜市に属する。標高 650~1000m。火山岩の堆積物からなり,乏水性で土壌もやせているため,古くは牧として利用された。江戸時代初期に塩川から取水する朝穂堰が完成し,一部は水田となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

浅尾原
あさおはら

山梨県北部にある原野。茅ヶ岳(かやがたけ)(1704メートル)の西斜面、標高700~1000メートルの間に広がり北杜(ほくと)市に属する。地形的には隆起扇状地とされるが、現在の塩川の河床からは300メートル以上の比高がある。古代は牧(まき)(小笠原牧(おがさわらまき))としてその一部が利用されたが、近代の開発は明治末の低地麓(ろく)への入植に始まる。第二次世界大戦後の開拓により、農地化した部分が広い。土壌は腐食に富む軽鬆(けいしょう)土で、黒ぼく土に分類され、耕しやすい。しかし海抜高度の高い部分は褐色森林土となっている。乏水性の台地であり、さまざまな農業が試みられたが、現在では山梨県でも有数の野菜、とくにダイコン(浅尾ダイコン)の生産地域として著名である。[吉村 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

浅尾原の関連キーワード茅ヶ岳清里大泉高原たざわ湖スキー場富士見[町]明野〈村〉大泉〈村〉山梨県北杜市小淵沢町高根〈町〉山梨県北杜市高根町長澤

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

浅尾原の関連情報