コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮人街道 ちょうせんじんかいどう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮人街道
ちょうせんじんかいどう

下街道,浜街道ともいう。滋賀県の湖東地方を通る中山道の脇往還。中山道鳥居本から分れ,彦根,安土,近江八幡を経て野洲で再び中山道に合する。織田信長の安土築城以来重視され,寛永年間 (1624~44) 以後は朝鮮からの使節が通行したのでこの名がある。現在は大部分が県道大津能登川長浜線に組入れられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の朝鮮人街道の言及

【野洲[町]】より

…野洲は中山道の宿駅として発達し,浜街道を分岐する交通の要地であった。浜街道は安土(あづち)を経由して鳥居本で中山道と合流する脇往還であるが,江戸時代に朝鮮使節がこの街道を利用したことから,〈朝鮮人街道〉とも呼ばれた。現在は東海道本線,新幹線,国道8号線,名神高速道路などが通り,東海道本線の電車基地がある。…

※「朝鮮人街道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝鮮人街道の関連キーワード滋賀県近江八幡市新町野洲[町]下街道

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android