コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮通宝 ちょうせんつうほう Chosǒn t'ongbo

2件 の用語解説(朝鮮通宝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮通宝
ちょうせんつうほう
Chosǒn t'ongbo

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の世宗5 (1423) 年,唐の開元銭に準じて鋳造された銅貨。政府はその流通を奨励したが,商品流通の未発達のため一部にしか通用しなかった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんつうほう【朝鮮通宝】

朝鮮で李朝初期に鋳造された銅銭。高麗時代には鉄銭・銅銭のほか銀貨が造られたが,李朝は建国初期の1401年に楮貨(ちよか)(紙幣)を発行して法貨とする一方,23年には朝鮮通宝を鋳造した。慶尚道,全羅道に鋳銭所を設置し,司贍(しせん)署に管理させ,私銭を禁ずるなどして流通を図ったが,一般の農民層のあいだでは米や布が交換手段として使用されつづけ,普及するには至らなかった。貨幣[朝鮮]【吉野 誠】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

朝鮮通宝の関連キーワード永楽銭高麗茶碗宋銭中枢院永楽通宝高麗焼万年通宝高麗本山林儒生常平通宝

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone