朝鮮通宝(読み)ちょうせんつうほう(英語表記)Chosǒn t'ongbo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「朝鮮通宝」の解説

朝鮮通宝
ちょうせんつうほう
Chosǒn t'ongbo

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の世宗5 (1423) 年,の開元銭に準じて鋳造された銅貨。政府はその流通を奨励したが,商品流通の未発達のため一部にしか通用しなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「朝鮮通宝」の解説

ちょうせんつうほう【朝鮮通宝】

朝鮮で李朝初期に鋳造された銅銭。高麗時代には鉄銭・銅銭のほか銀貨が造られたが,李朝は建国初期の1401年に楮貨(ちよか)(紙幣)を発行して法貨とする一方,23年には朝鮮通宝を鋳造した。慶尚道,全羅道に鋳銭所を設置し,司贍(しせん)署に管理させ,私銭を禁ずるなどして流通を図ったが,一般の農民層のあいだでは米や布が交換手段として使用されつづけ,普及するには至らなかった。貨幣朝鮮【吉野 誠】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android