木乃伊(読み)ミイラ

精選版 日本国語大辞典「木乃伊」の解説

ミイラ【木乃伊】

〘名〙 (mirra mirre)
エジプトなどで防腐剤として死体に詰めた薬品樹脂で、香料、医薬などにも用いられた。没薬(もつやく)
※伴天連記(1610‐15頃)「みいらと云油を持ては諸病ふせぐ薬なりとて」
② (転じて) 人間または動物の死体が腐敗せずに乾燥して固まり、もとの形に近い状態で残っているもの。サハラ地方などの乾燥地域で多く発見される天然のものと、エジプトなどで宗教上の信仰から、人間の死体にある処置を施して腐敗を防いで作った人工のものとがある。また、日本には、僧侶などを防腐・乾燥したもの、奥州藤原一族に見られるように密閉した棺内に保存したもの、砂地などで死蝋化したものなどがある。蜜人(みつじん・みちひと)。〔多識編(1631)〕 〔本草綱目‐人部〕
[語誌]「木」という表記は、中国元代の「輟耕録」以来行なわれており、オランダ語「mummie」の漢訳という。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「木乃伊」の解説

ミイラ(〈ポルトガル〉mirra)

人間や動物の死体が腐敗せずに原形に近い状態を保っているもの。土地や空気の乾燥・寒冷などによる天然のものと、宗教上の理由から遺体の保存を望み、種々の防腐・保存処置を施して作る人工のものとがある。エジプトをはじめ世界各地にみられる。
[補説]「木乃伊」とも書く。「木乃伊」は、〈オランダ〉mummieの漢訳で、没薬の

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android