コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原孝一 きはら こういち

2件 の用語解説(木原孝一の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原孝一 きはら-こういち

1922-1979 昭和時代の詩人。
大正11年2月13日生まれ。詩誌「VOU(バウ)」をへて,戦後「荒地(あれち)」に参加。「詩学」の編集者として新人発掘につとめた。詩集に「星の肖像」「ある時ある場所」,音楽詩劇に「御者バエトーン」(昭和40年イタリア賞グランプリ)など。昭和54年9月7日死去。57歳。東京出身。東京府立実科工業卒。本名は太田忠。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木原孝一
きはらこういち
(1922―1979)

詩人、放送劇作家。本名太田忠(ただし)。東京府立実科工業卒業。建築を学ぶ。若くして北園克衛(きたそのかつえ)の詩誌『VOU(バウ)』に参加。第二次世界大戦には中支派遣軍として出征。硫黄(いおう)島より病気で帰国。戦後、詩誌『荒地(あれち)』に参加。硬質の言語で、戦争と人間の不条理を描き出す。『木原孝一詩集』(1956)をはじめ多くの詩集があり、放送詩劇ではイタリア賞グランプリも受賞。一方、雑誌『詩学』の編集者としても大きな業績を残している。[原崎 孝]
『『木原孝一全詩集』(1982・永田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

木原孝一の関連キーワード杜詩上田敏雄緒方昇加藤一夫菊岡久利木村好子近藤東沢ゆき福田須磨子正富汪洋

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone