コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木原孝一 きはら こういち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木原孝一 きはら-こういち

1922-1979 昭和時代の詩人。
大正11年2月13日生まれ。詩誌「VOU(バウ)」をへて,戦後「荒地(あれち)」に参加。「詩学」の編集者として新人発掘につとめた。詩集に「星の肖像」「ある時ある場所」,音楽詩劇に「御者バエトーン」(昭和40年イタリア賞グランプリ)など。昭和54年9月7日死去。57歳。東京出身。東京府立実科工業卒。本名は太田忠

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木原孝一
きはらこういち
(1922―1979)

詩人、放送劇作家。本名太田忠(ただし)。東京府立実科工業卒業。建築を学ぶ。若くして北園克衛(きたそのかつえ)の詩誌『VOU(バウ)』に参加。第二次世界大戦には中支派遣軍として出征。硫黄(いおう)島より病気で帰国。戦後、詩誌『荒地(あれち)』に参加。硬質の言語で、戦争と人間の不条理を描き出す。『木原孝一詩集』(1956)をはじめ多くの詩集があり、放送詩劇ではイタリア賞グランプリも受賞。一方、雑誌『詩学』の編集者としても大きな業績を残している。[原崎 孝]
『『木原孝一全詩集』(1982・永田書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

木原孝一の関連キーワード荒地(詩同人誌)木原 孝一昭和時代佐竹弥生田村隆一北園克衛近藤東詩人

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木原孝一の関連情報