コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木山紹宅 きやま しょうたく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木山紹宅 きやま-しょうたく

?-1593 織豊時代の武将,連歌師。
肥後(熊本県)益城(ましき)郡木山城主。里村紹巴(じょうは)に連歌をまなぶ。家督を子の信連にゆずり京都に滞在中の天正(てんしょう)13年島津氏に城をおとされ,豊前(ぶぜん)中津城(大分県)城主黒田孝高(よしたか)の客分連歌師となる。文禄(ぶんろく)2年黒田長政の弟熊之助の朝鮮出陣にしたがい,閏(うるう)9月2日海難のため死亡したという。名は惟久。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

木山紹宅の関連キーワードシェークスピア長谷川久蔵シャロン論介文禄・慶長の役ミハイ(勇敢王)安土桃山時代(年表)小笠原諸島華厳寺二俣和紙

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone