コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾節 きそぶし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾節
きそぶし

長野県木曽福島地方で歌われる民謡。時代によって,そう呼ばれる対象が異なるが,現在は「中乗さん」とか「木曾の中乗さん」などと呼ばれているものをいい,明治末期に広く紹介され,全国に知られるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

木曾節【きそぶし】

長野県の代表的民謡。木曾谷盆踊歌で,1915年に木曾福島町(現・木曽町)が観光客誘致のため,《なかのりさん》に《中津甚句》踊をとり入れて盆踊にしたもの。古くは一般に木曾谷で歌われている歌を木曾節といったらしく,明治ごろは現在の〈御岳山節〉が木曾節といわれた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きそぶし【木曾節】

長野県木曾地方の盆踊歌。歌詞中の〈御嶽(おんたけ)〉は,木曾川筋を中心に近辺一円の信仰の中心である霊峰。〈なかのりさん〉は,おそらく神と人との〈中〉にたって神の意志を〈宣(の)る〉という,宗教的な役の名称であろう。またこの歌の中でははやしことば的に使われており,昔は《なかのりさん節》とよばれていた。1915年,木曾福島町で木曾踊の復活をはかり,《なかのりさん節》を元歌に,現在の《木曾節》やその踊りを作った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android