コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木曾節 きそぶし

3件 の用語解説(木曾節の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木曾節
きそぶし

長野県木曽福島地方で歌われる民謡。時代によって,そう呼ばれる対象が異なるが,現在は「中乗さん」とか「木曾の中乗さん」などと呼ばれているものをいい,明治末期に広く紹介され,全国に知られるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

木曾節【きそぶし】

長野県の代表的民謡。木曾谷の盆踊歌で,1915年に木曾福島町(現・木曽町)が観光客誘致のため,《なかのりさん節》に《中津甚句》踊をとり入れて盆踊にしたもの。古くは一般に木曾谷で歌われている歌を木曾節といったらしく,明治ごろは現在の〈御岳山節〉が木曾節といわれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きそぶし【木曾節】

長野県木曾地方の盆踊歌。歌詞中の〈御嶽(おんたけ)〉は,木曾川筋を中心に近辺一円の信仰の中心である霊峰。〈なかのりさん〉は,おそらく神と人との〈中〉にたって神の意志を〈宣(の)る〉という,宗教的な役の名称であろう。またこの歌の中でははやしことば的に使われており,昔は《なかのりさん節》とよばれていた。1915年,木曾福島町で木曾踊の復活をはかり,《なかのりさん節》を元歌に,現在の《木曾節》やその踊りを作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

木曾節の関連キーワード会津磐梯山木曽節相馬盆踊歌盆踊歌新野の盆踊長野県木曽郡王滝村長野県木曽郡大桑村長野長野県木曽郡大桑村野尻長野県木曽郡木曽町三岳長野県上田市御嶽堂

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone