木村兵太郎(読み)きむらへいたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「木村兵太郎」の解説

木村兵太郎
きむらへいたろう

[生]1888.9.28.
[]1948.12.23. 東京,巣鴨
陸軍軍人。 1908年陸軍士官学校,16年陸軍大学校卒業。上海派遣軍情報参謀,中国公使館付き武官などを歴任後,40~41年関東軍参謀長。 41~43年陸軍次官。 44年ビルマ方面軍司令官。 45年大将。第2次世界大戦後A級戦犯として東京拘置所刑死

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「木村兵太郎」の解説

木村兵太郎 きむら-へいたろう

1888-1948 大正-昭和時代前期の軍人。
明治21年9月28日生まれ。昭和16年東条英機(ひでき)陸相もとで陸軍次官。19年ビルマ方面軍司令官となってインパール作戦失敗後の立て直しにあたり,20年大将。戦後,東京裁判でA級戦犯に指名され,23年12月23日刑死した。61歳。埼玉県出身。陸軍大学校卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「木村兵太郎」の解説

木村兵太郎【きむらへいたろう】

軍人。陸軍大将。埼玉県の生れ。陸軍大学校卒。1939年関東軍参謀長。1941年東条英機内閣の陸軍次官。1944年9月インパール作戦敗退後のビルマ方面軍司令官。極東国際軍事裁判東京裁判)で捕虜虐待事件などの責任を問われて死刑

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android