コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木村富子 きむら とみこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

木村富子 きむら-とみこ

1890-1944 大正-昭和時代前期の劇作家。
明治23年10月10日生まれ。木村錦花の妻。松居松翁(まつい-しょうおう)に師事。大正15年第1作「玉菊」が5代中村歌右衛門によって上演される。従兄(いとこ)の2代市川猿之助のためにかいた舞踊劇高野物狂(こうやものぐるい)」「独楽(こま)」などもある。昭和19年12月26日死去。55歳。東京出身。日本橋高女卒。旧姓は赤倉。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の木村富子の言及

【独楽】より

…1928年9月東京歌舞伎座で2世市川猿之助(のちの猿翁)により初演。作詞木村富子。作曲3世常磐津文字兵衛。…

【蚤取男】より

…1929年2月明治座初演。作詞木村富子。作曲4世杵屋(きねや)佐吉。…

※「木村富子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木村富子の関連キーワード黒塚(歌舞伎舞踊劇)小鍛冶蚤取男黒塚

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android