コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野物狂 コウヤモノグルイ

デジタル大辞泉の解説

こうやものぐるい〔カウヤものぐるひ〕【高野物狂】

謡曲。四番目物金春(こんぱる)以外の各流。高師四郎が、出奔した主君の遺子春満丸(しゅんみつまる)を尋ね歩いたすえ、狂乱して高野山にたどり着き、春満丸に再会する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうやものぐるい【高野物狂】

能の一。四番目物。世阿弥作。旧主の遺児春満しゆんみつ丸が出家して行方をくらましたので、高師たかしの四郎は恨み嘆いて諸国を尋ね歩き、ついに高野山で再会する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高野物狂
こうやものぐるい

能の曲目。四番目物。観世(かんぜ)、宝生(ほうしょう)、金剛(こんごう)、喜多(きた)四流現行曲。ただし観世、金剛は明治以降の復曲。世阿弥(ぜあみ)作。世阿弥は『三道(さんどう)』に遊狂物の新作の代表として曲名をあげている。高師(たかし)四郎(シテ)は主君に死別し、遺児の春満(しゅんみつ)(子方)を養育しているが、春満出家の置き手紙が家臣によって届けられる。四郎が幼君の後を慕ってあてのない旅に出る態で前段を終わる。高野山の僧(ワキ)が春満を伴っているところへ、物狂いとなった後シテが現れ再会を果たす。ともに仏道に入る結末と、故郷へ連れ帰る結末との2通りの脚本がある。霊山の描写と求道(ぐどう)の姿が独得の雰囲気をもつ異色の能である。主従の物狂いの能は、ほかにも世阿弥作の『土車(つちぐるま)』がある。[増田正造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高野物狂の関連キーワード宝生 九郎(17代目)能現行曲一覧無為に入る木村 富子二番目物木村錦花増田正造木村富子狂乱物学文路世阿弥金春謡曲恨み諸国旧主順義初縁雑物行方

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android